桜井仁 パーフェクトキャッシュビジネスって稼げるの?詐欺なの? 評価 レビュー 「無料モニターを募集します」

どうもお侍さんです^ ^

 

8日から9日朝にかけてこの冬一番の冷え込みとなるようです。

今までが暖かすぎたのだと思いますが、気温差は体に堪えますので

体調管理には十分にお気を付けくださいね。

 

それでは紹介に参ります。

今回は桜井仁による「パーフェクトキャッシュビジネス

について紹介します。

 

 

 

控えている高額塾「パーフェクトキャッシュプロジェクト」について更新しておりますのでご確認下さい!!

 

 

 

 

【概要】

1

「パーフェクトキャッシュビジネス」 桜井仁

特定商取引法に基づく表記

会社名 株式会社HFMI

責任者 村田裕一

所在地 東京都新宿区新宿4-1-22コムロビル

 

【セールスレターの内容について】

セールスレターはコチラ

「パーフェクトキャッシュビジネス」 桜井仁

 

 

1回の作業は僅か1分!
1回1分の作業を1日10回繰り返してるだけで、
私は毎月1000万円~1200万円
という金額を稼いでいます。
はっきり言って今回公開するビジネスは、
誰がやっても必ず稼げる究極のビジネスです。
今回、私は満を持して、
「誰がやっても必ず稼げる究極のビジネス」
パーフェクトキャッシュビジネス
の公開を決意をしました!

 

というキャッチコピーとなっている

パーフェクトキャッシュビジネス」ですが

 

セールスレター内では

ビジネスモデルについては一切明かされておりません。

 

無料オファー時点でビジネスモデルについて明かさないもので

優良商材があった記憶がありません。

 

【ビジネスモデルを明かさない理由】

今回の「パーフェクトキャッシュビジネスト」のセールスレター内では

2

このように

「全ての人が必ず稼げる再現性100%の
史上最強のキャッシュシステム」

 

などと都合の良いことばかりをアピールしています。

 

しかし、「パーフェクトキャッシュビジネス」についての具体的な

ビジネスモデルについては一切明かそうとしません。

 

現在のネットビジネス業界では

ビジネスモデルが明かされているかそうでないかだけで

優良商材なのかどうかの判断に大きく役立ちます。

 

感情に訴えるための

どん底からのサクセスストーリー」や

高級車で乗りつけたり

高級タワーマンションでのインタビューなどを動画で用いたりして

私はこのノウハウによってこんなに稼いでます

アピールなどがよくある手口ですね。

 

無料オファーの提供者は

主にメールアドレスをどれだけ多く取得できるか」を考えています。

 

そのためにネットビジネス初心者が食いつきやすいように

「お涙頂戴演出」「簡単に稼げてますアピール」をしてくる訳ですね。

 

FXなどの投資や転売、アフィリエイトなど

ネットビジネスには様々なジャンルがあるのですが

ビジネスモデルを明かさずにセールスレターの

「簡単・誰でも・稼げる」というアピールによって

初心者層を取り込もうとしているのです。

 

セールスレターでビジネスモデルを明かさない理由を一言でまとめると

何も知らないネットビジネス初心者層の

メールアドレスを一つでも多く集めるため

ということになります(;´Д`)

 

【複数のセールスレターを用意する理由は??】

複数のセールスレター

今回の「パーフェクトキャッシュビジネス」と

同じ内容のものを違う名前、LPにてオファーをかけています。

 

「パーフェクトキャッシュビジネス ②」

完全無料!リスクは一切なし!
毎月100万円、200万円、300万円という現金、
あなたも遂に手にすることができます
あなたが止めるまで、
確実にお金を生み続けることができるビジネスが誕生!

4

無料モニターを募集します ①

超即金でお金が欲しい方を大募集!!
まずは無料モニターに応募し、
ほぼ0円に等しい銀行口座残高を、
10万円→20万円→30万円
→40万円→50万円
と増やし続けていってください!

5

 

「無料モニターを募集します ②」

無料モニターに当選したあなたには、
お金を半永久的に生み続ける、
夢のキャッシュシステムを完全無料で提供します。
提供されるキャッシュシステムを使えば
初月で50万円は稼げます!
そしてあなたの銀行口座残高は瞬く間に、
50万円→100万円→200万円→300万円

6

 

このように一見、雰囲気が違うLPを使用していますが、

なぜこのようなことをするのでしょうか。

 

その理由は「検索逃れ」です。

 

例えばタイトルにあるような

パーフェクトキャッシュビジネス」についてみなさんが

「信用できるものなのかネットで調べよう」と考えて調べたとします。

 

パーフェクトキャッシュビジネス」の

酷評がズラリならんでいたとすると参加なんてしませんよね。

 

このように一つのタイトルが既に粗悪な商品だと認知されても

他のタイトル、LPによって販売ができると考えているんですね。

 

つまり、販売者自身も今回のパーフェクトキャッシュビジネス

内容には自信が無いということになります。

 

それでも悪評が広まる前に稼いでおこうという考えなのです。

 

また対象者を分散させる狙いもあります。

 

パーフェクトキャッシュビジネス」という言葉に

「凄い!大金が手に入りそう!」というイメージを持つ方もいれば、

「胡散臭いな」というイメージを持つ方もいると思います。

 

しかし、他のLPを見れば好印象を持つ可能性もあるわけです。

 

そのようなことを考えて複数のタイトル、LPを用意しているんですね(´・ω・`)

【まとめ】

セールスレター全体で

簡単に稼げますアピール」ばかりで

ネットビジネス初心者を対象としている胡散臭い雰囲気が漂っています。

 

ビジネスモデルを明かさないことによって視聴者の興味を引き

徐々にマインドセットを仕掛けて洗脳していくことが目的なのでしょうね。

 

桜井仁氏も「パーフェクトキャッシュビジネス」の

手法によって稼いでいるのではなく

今回の「パーフェクトキャッシュビジネス」から

高額塾・高額コンテンツへの販売へと誘導する事で稼いでいるのでしょう。

 

よって、セールスレター内では

7

このように

完全無料ですべてを公開中!!」などと書かれていますが

高額塾・高額コンテンツの売り込みは間違いなく控えているでしょうね。

 

これらの理由から「パーフェクトキャッシュビジネス」については

様子を見るべき

という判断になります。

 

高額塾や高額コンテンツの売り込みは間違いなくあると思いますので

詳細が分かり次第、更新させていただきますが

パーフェクトキャッシュビジネス」には

期待をしないでおきましょうね(´・ω・`)

 

 

 

 

控えている高額塾「パーフェクトキャッシュプロジェクト」について更新しておりますのでご確認下さい!!

 

 

 


 

お侍さんのお仕事後半戦!


 

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログ記事がみなさんの商材の見極めの助けとなっていれば

私としても非常に嬉しいことです(^^)

 

しかし、記事の内容を参考にしてもらうまでは

私の仕事の半分でしかありません。

さらにみなさんがネットビジネスで稼げるようになるまでお供をしたいと思い、

 

「完全無料」


を開講しております。

 

無料はもちろんのこと、

1週間を目安としてみなさまに成果を出していただいております。

 

ネットビジネス業界の現状は名前の売れている、稼げている有名人ほど

 

・書籍をいくつか販売していて売れている

・高級車やタワーマンションなどを所有している

・世界的な有名人たちと人脈を持っている

 

などの「ブランディング商法」を用いて

「私って凄いんですアピール」を繰り返しています。

 

そういった自信満々のセールスレターや動画を見て

ネットビジネス初心者や稼げていない方たちが

「この人を信じて賭けてみよう」と間違った決断をして

高額費用を支払ってしまいます。

 

しかし、そういった販売者たちが販売する高額塾・高額コンテンツは

内容の薄い、全く稼ぐことができないものばかり」がほとんどです(;´Д`)

 

既に名前の売れている有名人は何もせずに

騙された初心者の方達が支払うお金で遊んで暮らしているというわけです。

 

 

ネットビジネスで成果を出せていない方は

リスクを最小限に抑えてノウハウに取り組むことが重要です。

 

そして、「成果が出たらそのお金を投資する

これを繰り返していくことをオススメしますよ。

 

だから、みなさんに

「完全無料で1週間で成果が出る」

今回の「ネット通信講座」をオススメしているのです。

 

武士に二言はございません。

完全無料で成果を出していただきます!

 

冷静になって1からスタートしましょうね(^-^)

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

プロフィール

どうもお侍さんです。普段はネットの収入のみで自由気ままに生活しておりますが、ネットの世界ではお侍としてみなさんをお守り、お手伝いするのが務めです!
詳しいプロフィールは コチラ

オサムラインです!

IDはコチラ⇒@qnv3906a

最近の投稿

このページの先頭へ