メルカリとは?初心者にもわかりやすく 意味 解説 説明 ヤフオクとの比較検証

どうもお侍さんです( ^ω^ )

 

ヤフオクを利用して商品の売買をしたことがある方は

多いかもしれませんが、メルカリはどうでしょうか?

 

情報商材には

「メルカリを利用して稼ぐ」

というものもありますので、

今回はメルカリを利用したことがない方にもわかるように、

ヤフオクと比較しながら

「購入者目線」と「出品者目線」

各々の立場にたって説明していきますね。

 

ダウンロード

 

【購入者目線で比べてみると?】

 

shopping_fasion

 

まず、販売形態として

メルカリ→フリーマーケット

ヤフオク→オークション

というような違いがあります。

 

メルカリはフリーマーケットということで、

最初に設定されている金額より値段が高くなることはありません。

 

逆に、ヤフオクの場合はオークションなので、

設定されている金額から値段が上がっていきます。

 

このように販売形態が違うので、どちらがお買い得とかはありません。

 

ヤフオクの場合は、欲しい商品があっても

他の入札者も入札していくので値段が上がっていって

しまい、最終的に「値段が上がりすぎて買えなかった」

ということもしばしばあります。

 

その逆に、相場に比べてかなり安く購入できたりもしますが、

最終的には相場位の値段になることが多いですね。

 

一方メルカリでは最初の値段から高くなることは無いので、

欲しいと思ったときにすぐに手に入る

という点では優れていると思います。

 

【出品者目線で比べてみると?】

 

ダウンロード

手数料を比べてみましょう。

メルカリ→販売価格の10%

ヤフオク→999円以下54円
           または
      1000円以上→販売価格の5.4%

(ヤフオクでは出品するためには月額410円の手数料が必要)

となっおり、

総手数料でいえば月1万円程度までの販売であれば

大して変わらないかメルカリの方が安くなります。

 

また、月1万円以上の場合も、商品自体の相場の違いや

支払い方法など単純に比較できないところもあるので

「出品するならこっちの方がいい」

とは安直に言えないのが現状です。

 

そして、メルカリに比べるとヤフオクは出品が面倒です。

 

商品の写真を撮ってPCに送って加工して

などと手間がかかりますが、メルカリはスマホで写真を撮って、

決められた項目を埋めていけばいいだけですので、

メルカリの方が初心者向きだと思います。

 

とはいえ、ヤフオクの面倒と思える部分も

慣れれば簡単にできるレベルではあります。

 

【まとめ】

「購入者目線」と「出品者目線」で考えると

このような違いもありますが、ヤフオクとメルカリでは

売れやすい商品の種類や、ユーザーの年齢層、男女比

などが違ってきますので、どちらも一度やってみるのも

ありだと思いますよ(^-^)

 

お侍さんのお仕事後半戦!


 

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログ記事がみなさんの商材の見極めの助けとなっていれば

私としても非常に嬉しいことです(^^)

 

しかし、記事の内容を参考にしてもらうまでは

私の仕事の半分でしかありません。
さらにみなさんがネットビジネスで稼げるようになるまで

お供をしたいと思い、

 

完全無料


を開講しております。
無料はもちろんのこと、

1週間を目安としてみなさまに成果を出していただいております。

 

武士に二言はございません。

 

完全無料で成果を出していただく!

 

お待ちしております(^-^)

 

 

 

2 Responses to “メルカリとは?初心者にもわかりやすく 意味 解説 説明 ヤフオクとの比較検証”

サブコンテンツ

プロフィール

どうもお侍さんです。普段はネットの収入のみで自由気ままに生活しておりますが、ネットの世界ではお侍としてみなさんをお守り、お手伝いするのが務めです!
詳しいプロフィールは コチラ

このページの先頭へ