ブックメーカー アービトラージって何?初心者にもわかりやすく 意味 解説 説明

どうもお侍さんです( ^ω^ )

 

「アービドラージによって100%稼げます!」

といったキャッチコピーの商材がありましたので、

今回は

「ブックメーカー」と「アービトラージ」

について説明しておこうと思います。

 

images

 

【ブックメーカーって何?】

 

主にイギリス政府公認のブックメーカー業者などのことで、

スポーツの勝敗などにおいて、予想倍率・オッズを提示して、

投票させる、主催者のことをブックメーカーと呼びます。

 

日本で言う「ノミ屋」にあたりますね。

 

しかし、日本では法律で認められた公営競技の胴元以外

そういった行為はすべて違法行為になります。

 

このような理由から、

日本では「ブックメーカー」は認められていません。

 

また、アメリカでは一部の州でしか認められていませんし、

シンガポールやカナダなどでは、

公営のブックメーカーのみが許可されています。

 

一方イギリスでは、政府の認可制により

民間がブックメーカーを開催出来るようになっています。

 

つまり、日本でのJRA(競馬)やロト6などの宝くじを買うような感覚で、

イギリスではブックメーカーがメジャーとなっています。

 

【アービトラージって何?】

 

日本語で言うと「裁定取引」という意味になります。

 

「同じ価値を持つ商品の価格差を利用して、

利鞘を稼ぐ取引」と定義づけされています。

 

アービトラージは外国為替相場に限らず、

FXアービトラージ

ブックメーカーアービトラージ(スポーツブックアービトラージ)

など、様々な市場で行われています。

 

「価格差が生じている」という情報を掴みにくい市場では、

ライバルが少なくなり比較的余裕を持ってアービトラージを行うことができます。

 

「せどり」などの手法も広い意味で捉えるとアービトラージと考えていいでしょう。

 

【ブックメーカーアービトラージって何?】

 

ブックメーカーを利用したアービトラージについて説明します。

 

例えば、

サッカーの日本代表対ブラジル代表の試合があるとします。

 

そして2つのブックメーカーが、このようなオッズを提供するとしましょう。

 

ブックメーカーA

ブラジルの勝ち 1.5倍

日本の勝ち  3,0倍

 

ブックメーカーB

ブラジルの勝ち 1,2倍

日本の勝ち 5,0倍

 

これを見て、

ブックメーカーAではブラジルが勝つ方に10,000円

ブックメーカーBでは日本が勝つ方に3.000円

を同時に賭けてみました。

 

賭け金額の合計は13,000円ですが、

ブラジルが勝つと、

ブックメーカーAから10,000円×1.5倍で15,000円

日本が勝つと、

ブックメーカーBから3.000円× 5,0倍で15,000円

 

このようにブラジル、日本どちらが勝っても

15,000円-13,000円=2,000円の儲けが出るわけです。

 

今回の例のブックマークA、Bは引き分けのオッズが提示されていないので、

引き分けた場合は賭け金が払い戻されます。

 

これが、「両建て」(2way)と言い、

ブックメーカーアービトラージの基本となります。

 

さらにこれに引き分けのオッズも加わり、

「勝ち」「負け」「引き分け」

のどの場合でも利益を出すことが出来る賭け方を「三建て」と言います。

 

これらの、「両建て」、「三建て」の賭け方を合わせて利益を出していくのが

ブックメーカーアービトラージとなります。

 

【デメリットは?】

man_think

 

 

これまでの説明でもわかるように、

アービトラージは

理論上の勝率は100%となり、非常に優秀な投資法です。

 

ではなぜみなさん実践していないのでしょうか?

 

その理由はアービトラージにも欠点があるからです。

 

そうでなければ世界中の人が実践しているはずですからね(´・_・`)

 

では、デメリット(欠点)を挙げていきます。

 

利鞘(りざや)を稼ぐ取引のこと。サヤ取り(鞘取り)

と言うのですが、ここでは利鞘のことを「サヤ」と書いていきます。

 

「そもそもサヤが開く確率が低い」

オッズのサヤが発生しなければ利益が出ません。

価格差が出るタイミングというのは、非常に限られていて、

それまでオッズやチャートを見つめているというのは

時間の浪費にしかなりません。

 

「サヤが小さい」

取引には手数料が必要ですので、

サヤが手数料より小さい場合は利益が出ません。

 

「理論通りに約定できない」

アービトラージが必勝なのは、理論通りに約定できた場合です。

両建ての片方が約定しなかったりすると損失を被ることにもなります。

また、取引数に制限があったり、最悪凍結される場合もあります。

 

欠点のうちの特に大きな部分を説明しましたが、

これら以外にも大小様々な制約や欠点が存在します。

 

アービトラージは理論上は負けなしなのですが、

こういった制約や欠点があることにより、

実際にやってみると上手くいかないということが多くなってきます。

 

確実性を追い求めるなら、

それなりの労力が必要ですし、

利鞘を探し出すテクニック

スピーディーな分析、行動が必要となってきます。

 

 

情報商材でのブックメーカー投資は一時は評判になりましたが、

実際は欠陥だらけの手法ばかりです。

 

特に初心者の方が「楽に!100%!」という文言を信用して実践してみても、

成果を出すことは非常に難しいですので、

「ブックメーカーアービトラージ」

に関するものを試すのはオススメできません(´・ω・`)

 

 

お侍さんのお仕事後半戦!


 

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログ記事がみなさんの商材の見極めの助けとなっていれば

私としても非常に嬉しいことです(^^)

 

しかし、記事の内容を参考にしてもらうまでは

私の仕事の半分でしかありません。

さらにみなさんがネットビジネスで稼げるようになるまで

お供をしたいと思い、

 

完全無料


を開講しております。

無料はもちろんのこと、

1週間を目安としてみなさまに成果を出していただいております。

 

武士に二言はございません。

 

完全無料で成果を出していただく!

 

お待ちしております(^-^)

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

プロフィール

どうもお侍さんです。普段はネットの収入のみで自由気ままに生活しておりますが、ネットの世界ではお侍としてみなさんをお守り、お手伝いするのが務めです!
詳しいプロフィールは コチラ

このページの先頭へ